【令和3年度 日本語教育能力検定試験 過去問】試験Ⅲ 問題4の解説!

令和3年度 過去問解説
編集長
編集長

令和3年度 日本語教育能力検定試験の試験問題における

 試験Ⅲ 問題4

の解説をしていきます。

執筆段階では、公式の解答は発表されていません。

あくまで私個人の解答・解説のため、参考程度でご確認ください。

前の問題はこちら

問1 語と語の組み合わせが特別な慣用的意味を表す場合

その答えになる理由

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

「気が短い」「気が長い」ともに慣用的な意味を持っています。
1は間違いです。

「手を切る」「手を焼く」ともに慣用的な意味を持っています。
2は間違いです。

「襟を正す」は慣用的な意味を持っていますが、「襟を繕う」は慣用的な意味を持っていません。
3が正解です。

「腕が鳴る」「腕が立つ」ともに慣用的な意味を持っています。
4は間違いです。

問2 

その答えになる理由

これは解説不要ですね。
2が正解です。

問3 

その答えになる理由

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

意志動詞「行く」→「行こう」で勧誘の意味を表せますが、無意志動詞「降る」→「降ろう」とすることはできません。
1が正解です。

「ドアが開く(自動詞)」→「ドアが開いている」
「ドアを開ける(他動詞)」→「ドアを開けてある」
自動詞は、そもそも「~てある」とすることができません。
2は間違いです。

「また休日に呼び出された」のように、受身の「~(ら)れる」がはた迷惑の意味を表すのは、他動詞と共起したときに限られます。
3は間違いです。

「また一日中寝てしまった」のように、「~てしまう」が後悔していることを表すのは、意志動詞と共起したときに限られます。
4は間違いです。

問4 使役を表す「~(さ)せる」

その答えになる理由

例文で考えてみましょう。

「英語で書いてある」は、経験を表していません。
1は間違いです。

「一晩で読んでしまう」は、強制を表していません。
2は間違いです。

「英語で書かれた本」は、放任を表していません。
3は間違いです。

「自由にやらせてやる」は、許可・許容を表します。
4が正解です。

問5 多義語の意味の違い

その答えになる理由

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

「なめる」はヲ格対象が「飴・砂糖」などのときは「舌で触れる」の意味ですが、「練習・試験」などのときは「軽くとらえる」の意味になります。
1は間違いではありません。

「ほめる」はヲ格対象が「子ども・作品」などのときでも、「態度・性格」などのときでも意味は変わりません。
2が間違いです。

「明るい」は「部屋」などを修飾するときは「光が十分に差している」の意味ですが、「性格・話題」どのときは「陽気である・将来の見通しについて楽観できる」の意味になります。
3は間違いではありません。

「重い」は「荷物」などを修飾するときは「目方が多い」の意味ですが、「立場・責任」などのときは「重要」の意味になります。
4は間違いではありません。

次の問題はこちら

タイトルとURLをコピーしました