【学習コラム】「言語一般」の学習手順【日本語教育能力検定試験】

日本語教育能力検定試験
編集長
編集長

日本語教育能力検定試験の幅広い出題範囲の中でも、「言語一般」は1番覚えることが多い分野です。

音声問題での応用も求められるため、最初に攻略してしまいましょう!

出題項目

区  分主 要 項 目  
※ 基礎項目は、優先的に出題されます。
※ 全範囲にわかって出題されるとは限りません。
5 言語一般1.言語の構造一般
(1)言語の類型
(2)世界の諸言語
(3)一般言語学・日本語学・対照言語学
(4)理論言語学・応用言語学
2.日本語の構造 
(1)日本語の構造
(2)音声・音韻体系
(3)形態・語彙体系
(4)文法体系
(5)意味体系
(6)語用論的規範
(7)文字と表記
(8)日本語史
3.コミュニケーション能力 
(1)受容・理解能力
(2)言語運用能力
(3)社会文化能力
(4)対人関係能力
(5)異文化調整能力
※ 財団法人日本国際教育支援協会のホームページより引用

まず攻略すべきは、文法分野音声分野です。

文法分野・音声分野から取り組むのは、
● 実際の教育現場でも、使い続ける知識である
● 体系だった部分を始めに攻略することで、効率良く過去問を進めていける
からです。

ざっくりと出題範囲を見てみると、

 文法分野

2.日本語の構造 
  (1)日本語の構造
  (2)音声・音韻体系
  (3)形態・語彙体系
  (4)文法体系
  (5)意味体系
  (6)語用論的規範
  (7)文字と表記
 

 音声分野

2.日本語の構造 
  (1)日本語の構造
  (2)音声・音韻体系
  (3)形態・語彙体系
  (4)文法体系
  (5)意味体系
  (6)語用論的規範
  (7)文字と表記

が該当します。

「文法分野」の学習手順

日本語教師を目指す方は、大抵「国語が好き&得意」だと思います。
そのため、参考書を1から進めていくのは非効率です。

そのため「過去問を進めていきながら、間違えた項目を調べていく」のがおススメの学習方法です。

義務教育で習う国語では出てこない用語も出て来ます。
 ● イ形容詞文・ナ形容詞文
 ● アスペクト
 ● テンス
 ● モダリティ
などです。

言葉自体は初見かもしれませんが、内容は知っているもののはずです。
不安があれば、知らない用語だけ調べてから取り組むようにしましょう。

1番ボリュームが多い分野なので、一通り過去問をこなせるようになれば心の余裕につながります。

文法分野は、過去問を解きながら知識補充していくのがおススメ。

「音声分野」の学習手順

「文法分野」とは違い、1番初見の知識が多い分野です。

この分野だけは最初にある程度の暗記が必要なので、各音声記号の「声帯振動」「調音点」「調音法」を覚えてから過去問に取り組んだ方が効率的です。

また、全出題範囲の中で1番応用が求められる分野でもあります。

音声問題で、学習者がどの部分を間違えて発音しているかが問われるので

声帯振動調音点調音法
[p]パ行無声両唇破裂音
[b]バ行有声両唇破裂音

のようにペアを作って覚えていくと、実際に問題を解く際に役立つ知識になります。

音声分野は、ペアとなる音声記号ごとに暗記してから取り組むのがおススメ。

とにもかくにも「過去問」が重要

過去問は書店では置いていないことが多いので、ネットで購入する方が多いかと思います。
センター試験等と同様で、予想問題よりも過去問の方が圧倒的に良問です

間違えても良いので、
 ● その選択肢が正解である理由
 ● その他の選択肢が間違いである理由
を説明できるようにしてきましょう。

3年分は取り組んでおくのをおススメします。

令和2年度 日本語教育能力検定試験 試験問題
https://amzn.to/3hgwLrD

令和元年度 日本語教育能力検定試験 試験問題
https://amzn.to/3jFe6r9

平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験問題
https://amzn.to/3wie631

編集長
編集長

過去問での練習が1番活きてくるのが「文法分野」「音声分野」です。

やればやっただけ力になるので、頑張っていきましょう!

「言語一般」分野の練習問題

練習問題はこちら

タイトルとURLをコピーしました