一問一答②【日本語教育能力検定試験 言語と社会】 

日本語教育能力検定試験
編集長
編集長

今回は「言語の多様化」の問題です。

本文中のほか、選択肢の中でも出てくることがあるので「名称」と「内容」をしっかりと紐づけておきましょう!

一問一答②

1 お互いに異なる言語を持つ人々が、統治や通商を目的として互いの言語の要素を取り入れて作った人工的な補助言語を何と言うか?

2 1が以降の世代に受け継がれていくことで、その集団の共通言語となったものを何と言うか?

3 1つの社会の中えで2つの言語変種が共存し、それぞれが異なった社会的機能を持った状況を何と言うか?

4 1つの社会の中えで3つ以上の言語変種が共存し、それぞれが異なった社会的機能を持った状況を何と言うか?

5 異なった言語を話す人同士で、意思疎通のために使用される言語を何と言うか?

6 自らが望む言語を自由に使用できる権利のことを何と言うか?

7 多数派の言語が普及することにより、消滅しそうになってしまっている言語のことを何と言うか?

解答②

1 お互いに異なる言語を持つ人々が、統治や通商を目的として互いの言語の要素を取り入れて作った人工的な補助言語を何と言うか?

ピジン


2 1が以降の世代に受け継がれていくことで、その集団の共通言語となったものを何と言うか?

クレオール


3 1つの社会の中えで2つの言語変種が共存し、それぞれが異なった社会的機能を持った状況を何と言うか?

ダイグロシア(二重言語併用)


4 1つの社会の中えで3つ以上の言語変種が共存し、それぞれが異なった社会的機能を持った状況を何と言うか?

ポリグロシア(多重言語併用)


5 異なった言語を話す人同士で、意思疎通のために使用される言語を何と言うか?

リンガ・フランカ(共通言語)


6 自らが望む言語を自由に使用できる権利のことを何と言うか?

言語的人権(言語権)


7 多数派の言語が普及することにより、消滅しそうになってしまっている言語のことを何と言うか?

危機言語


編集長
編集長

丸暗記よりも複数の問題に触れた方が知識が定着しやすくなります。

ぜひ、他の問題にもチャレンジしてみてください!

次の問題はこちら

タイトルとURLをコピーしました