練習問題⑤【日本語教育能力検定試験 音声分野】

日本語教育能力検定試験
編集長
編集長

今回は、苦手としている人の多い口腔断面図の問題です。

パターンを覚えてしまえば難しくないので、早めに攻略してしまいましょう!

前の問題はこちら

【解説】前回までの復習

子音は、
●声帯振動の有無
●調音点
●調音法

の3つの組み合わで音が決まります。

※口腔断面図では「声帯振動の有無」はわからないので、「調音点」「調音法」が問われます。

編集長
編集長

1つめのポイントは「鼻腔への通路が開いているか」です。

編集長
編集長

2つ目のポイントは「呼気を完全にふさいでいるか」です。

編集長
編集長

調音法がわかれば、あとは「調音点がどこか」で判別可能です

【練習問題⑤】口腔断面図→調音点・調音法

編集長
編集長

以下の口腔断面図において、空白に当てはまるものを考えてみてください。

声帯振動あり
調音点1(     )
調音法破裂音

声帯振動なし
調音点2(     )
調音法3(     )

声帯振動あり
調音点4(     )
調音法5(     )
声帯振動なし
調音点6(     )
調音法7(     )

【解答⑤】口腔断面図→調音点・調音法

声帯振動あり
調音点1( 両唇 )
調音法破裂音
声帯振動なし
調音点2( 歯茎 )
調音法3( 摩擦音 )
声帯振動あり
調音点4( 軟口蓋 )
調音法5( 鼻音  )
声帯振動なし
調音点6( 硬口蓋 )
調音法7( 摩擦音 )
編集長
編集長

音声問題は、丸暗記よりも複数の問題に触れた方が知識が定着しやすくなります。

ぜひ、他の問題にもチャレンジしてみてください!

次の問題はこちら

タイトルとURLをコピーしました