音声③【基礎から学ぶ 日本語教育能力検定試験対策】

基礎から学ぶ
編集長
編集長

□ 過去問や予想問題を解いてみたら、意外と基礎部分が抜けていることに気づいた。

□ 専門用語への抵抗をなくして、サクサクと問題演習を進めていきたい。

□ スキマ時間を活用して、復習がしたい。

というお声を頂戴したので、苦手な方が多い分野を中心に順次投稿していきたいと思います。

リクエストがある方は、twitterのDMにてご連絡いただければ幸いです。

前回の記事はこちら

調音点:両唇  調音法:鼻音

[ m ] 有声両唇鼻音

[m] の m を「音声記号」と言います。
言語の音を音声学的に表記するための記号のことで、[  ]の形で表します。

[m] であれば、「有声両唇鼻音」のように
声帯振動の有無
調音点
調音法
を並べて記述します。

鼻音は、
口腔断面図で鼻腔への通路が開いている
必ず声帯振動あり(有声音)
であることが特徴です。

[m] 有声両唇鼻音 は日本語では「マ行」の子音が該当します。

調音点:歯茎  調音法:鼻音

[ n ] 有声歯茎鼻音

[n] 有声歯茎鼻音 は日本語では「ナ・ヌ・ネ・ノ」の子音が該当します。
※ 「二」は [ɲ] が該当します。

調音点:(歯茎)硬口蓋  調音法:鼻音

[ ɲ ] 有声(歯茎)硬口蓋鼻音

[ɲ] 有声(歯茎)硬口蓋鼻音 は日本語では「二・ニャ・ニュ・ニョ」の子音が該当します。

調音点:軟口蓋  調音法:鼻音

[ ŋ ] 有声軟口蓋鼻音

[ŋ] 有声軟口蓋鼻音 は日本語では「鼻濁音のガ行」の子音が該当します。

解説 鼻濁音

「鼻濁音」とは、鼻音化された濁音のことで、日本語では[ŋ]で発音されるガ行子音が該当します。
(「鼻音化」とは、調音の際に副次的には鼻に有声の息が通って発音されることです。)

鼻濁音になるのは、
① 語中・語尾
② 助詞の「ガ」
③ 「大会社」のように連濁になった場合
④ 「小学校」のように結びつきの強い複合語中
の場合です。

確認問題

●「マ行」のときの口腔断面図は(①     )
●「ナ・ヌ・ネ・ノ」のときの口腔断面図は(②     )
●「二・ニャ・ニュ・ニョ」のときの口腔断面図は(③    )
●「鼻濁音のガ行」のときの口腔断面図は(④    )


こ 傍線部の子音の発音記号は [⑤]
ンガ 傍線部の子音の音声記号は [⑥]
●はき 傍線部の子音の音声記号は [⑦]
わとり 傍線部の子音の音声記号は [⑧]

解答

●「マ行」のときの口腔断面図は(① D )
●「ナ・ヌ・ネ・ノ」のときの口腔断面図は(② B )
●「二・ニャ・ニュ・ニョ」のときの口腔断面図は(③ A )
●「鼻濁音のガ行」のときの口腔断面図は(④ C )


こ 傍線部の子音の発音記号は [⑤ n ]
ンガ 傍線部の子音の音声記号は [⑥ m ]
●はき 傍線部の子音の音声記号は [⑦  ŋ  ]
わとり 傍線部の子音の音声記号は [⑧  ɲ ]

編集長
編集長

今回は、鼻音の学習でした。

次回の更新では、
● 破裂音・破擦音
について、ご説明します。

次の記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました