音声⑥【基礎から学ぶ 日本語教育能力検定試験対策】

基礎から学ぶ
編集長
編集長

□ 過去問や予想問題を解いてみたら、意外と基礎部分が抜けていることに気づいた。

□ 専門用語への抵抗をなくして、サクサクと問題演習を進めていきたい。

□ スキマ時間を活用して、復習がしたい。

というお声を頂戴したので、苦手な方が多い分野を中心に順次投稿していきたいと思います。

リクエストがある方は、twitterのDMにてご連絡いただければ幸いです。

前回の記事はこちら

鼻音 ⇔ それ以外の調音法 の見分け方

「鼻音」とは、鼻腔への通路を開け・口腔内の声道は閉鎖し、「有声」の呼気を鼻腔に通して作られる音のことです。

鼻腔への通路が開いていれば「鼻音」
開いていなければ「鼻音以外」

調音法:鼻音

「鼻音」を調音点ごとに整理すると、以下の通りです。

調音点両唇歯茎(歯茎)硬口蓋軟口蓋口蓋垂
音声記号[m]
有声両唇鼻音
[n]
有声歯茎鼻音
[ɲ]
有声(歯茎)硬口蓋鼻音
[ŋ]
有声軟口蓋鼻音
[ɴ]
有声口蓋垂鼻音
かなマ行ナ・ヌ・ネ・ノ二・ニャ・ニュ・ニョ(鼻濁音の)
ガ行
(語末の)

破裂音・破擦音 ⇔ 摩擦音 の見分け方

「破裂音」と「破擦音」は口腔内に息をため、閉鎖を開放することによって音を発生させます。
そのため、いずれかの調音点で声道が完全に閉鎖されています。

「摩擦音」は、声道内に狭い通路をつくり、その間に呼気を通すことで音を発生させます。
そのため、いずれかの調音点で通路が狭められていますが、完全には閉鎖されていません。

口腔内の声道が完全に閉鎖されていれば「破裂音」or「破擦音」
完全に閉鎖されていなければ「摩擦音」

※ 例外の「弾き音」は後述します。

調音法:破裂音・破擦音

「破裂音」「破擦音」を調音点ごとに整理すると、以下の通りです。

調音点両唇歯茎歯茎歯茎硬口蓋軟口蓋
音声記号[p]
無声両唇破裂音
[t]
無声歯茎破裂音
[ʦ]
無声歯茎破擦音
[ʨ]
無声歯茎硬口蓋破擦音
[k]
有声軟口蓋破裂音
かなパ行タ・テ・トチ・チャ・チュ・チョカ行
音声記号[b]
有声両唇破裂音
[d]
有声歯茎破裂音
[ʣ]
有声歯茎破擦音
[ʥ]
有声歯茎硬口蓋破擦音
[g]
有声軟口蓋破裂音
かなバ行ダ・デ・ド(主に語頭の)
ザ・ズ・ゼ・ゾ
(主に語頭の)
ジ・ジャ・ジュ・ジョ
ガ行

調音法:摩擦音

「摩擦音」を調音点ごとに整理すると、以下の通りです。

調音点両唇歯茎歯茎硬口蓋硬口蓋
音声記号[ɸ]
無声両唇摩擦音
[s]
無声歯茎摩擦音
[ɕ]
無声歯茎硬口蓋摩擦音
[ç]
無声硬口蓋摩擦音
かなフ・ファ・フェ・フォサ・ス・セ・ソ・スィシ・シャ
・シュ・ショ
ヒ・ヒャ・ヒュ・ヒョ
音声記号[β]
有声両唇摩擦音
[z]
有声歯茎摩擦音
[ʑ]
有声歯茎硬口蓋摩擦音
[ʝ]
有声歯硬口蓋摩擦音
かな語中のバ行音の
摩擦音化したもの
(主に語中の)
ザ・ズ・ゼ・ゾ・ズィ
(主に語中の)
ジ・ジャ・ジュ・ジョ

調音法:弾き音

「弾き音」とは、舌で上顎を軽く1回だけ弾くことで作り出される音のことです。
口腔断面図が特徴的なので、覚えやすいかと思います。
ラ行の子音が代表音です。

練習問題

練習問題はこちら

編集長
編集長

今回は、口腔断面図の学習でした。

次回の更新では、
● アクセント
について、ご説明します。

次の記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました