【文法】格助詞「へ」「まで」の用法【日本語を基礎から、もう1度】

「日本語」を基礎から、もう1度

日本語を基礎から学ぶ方・学び直す方向けの講座です。

「こう教えてもらっていればわかったのに…」
を実現してくことを目的としています。

本講座では、主に

言語学全般

日本語文法

について取り扱っていきます。

日本語教育能力検定試験の学習のため

以外にも、

日本語教師としてレベルアップしていきたい

現場知識だけでなく、きちんと土台も固めておきたい

という方は、ぜひご一読ください。

「ガ格」「ニ格」……、なんとなく心理的な抵抗感はありませんか?

【復習】「格」とは何か?

「格」とは「名詞と述語の間に成り立つ意味関係」を表す文法用語です。

…なんだかイメージしづらいですよね。
例文で考えてみましょう。

降る。
であれば、「降る」という【動きの主体】が「雨」であることを表しています。

私は逆上がりできる。
であれば、「できる」という【能力の対象】が「逆上がり」であることを表しています。

同じ「が」でも、意味関係が違いますね。
「雨」は【動きの主体】、「逆上がり」は【能力の対象】です。
これらの意味関係は、名詞につく「格助詞」によって示されます。
言い換えれば、「直前の名詞が、述語に対してどのような関係か?」を格助詞で表しています。

格助詞は「が」「を」「に」「へ」「と」「から」「より」「で」「まで」です。
まずは、この9つを覚えましょう。

「へ」の用法

「へ」は【着点】を表します。

【着点】の用法

【移動の方向
自転車駅へ向かった。

「まで」の用法

「まで」は【着点】を表します。

【着点】の用法

【範囲の終点】
10ページまで勉強を終えた。

他の記事はこちら

格助詞「が」の用法
格助詞「を」の用法
格助詞「に」の用法 ①
格助詞「に」の用法 ②
格助詞「に」の用法 ③
格助詞「へ」「まで」の用法 ←今回の内容
格助詞「で」の用法①
格助詞「で」の用法②
格助詞「から」の用法
格助詞「より」の用法
格助詞「と」の用法

参考書籍

今回は、以下を参考にしています。

現代日本語文法2 第3部格と構文 第4部ヴォイス | 日本語記述文法研究会 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで日本語記述文法研究会の現代日本語文法2 第3部格と構文 第4部ヴォイス。アマゾンならポイント還元本が多数。日本語記述文法研究会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また現代日本語文法2 第3部格と構文 第4部ヴォイスもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

タイトルとURLをコピーしました