【平成30年度 日本語教育能力検定試験 過去問】試験Ⅲ 問題3の解説!

日本語教育能力検定試験

平成30年度 日本語教育能力検定試験の試験問題における

 試験Ⅲ 問3

の解説をしていきます。

お手元に、以下をご用意の上で読んでいただければ幸いです。

※ 過去問は大きな書店でも置いていないことがあるので、ネットでの購入をおススメします!

平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験問題
日本語教師としての能力を測る試験「日本語教育能力検定試験」。 「平成30年度 日本語教育能力検定試験」の問題と解答を一挙掲載! 巻末には試験の実施状況や平均点などをまとめたデータが収録されています。

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

前の問題はこちら

問1 音声・意味との対応

その答えになる理由

消去法で解く問題ですね。。

「cat」をIPAで表すと/kæt/で、「table」をIPAで表すと/tbl/です。
同じ「a」でも一文字で複数音素を表すこともあれば、異音を表すこともあります。
1は間違いです。

「山」という漢字は「平地よりも高く隆起した地塊」という意味とも、「やま」という音とも対応しています。
3は間違いです。

ひらがなは、拗音を除いて一文字が一拍に対応します。一音節ではありません。
「ちょうしょ」は「ちょ」「う」「しょ」で3拍ですが、音節だと「ちょう」「しょ」で2音節となります。
4は間違いです。

残った2が正解です。

問2 発音と表記

その答えになる理由

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

「こういう」[koɯiɯ]は、実際の発音だと「こーゆー」[koːjɯː]となります。
1が間違いです。

「本を読む」の「を」は[wo]ではなく[o]で発音します。
2は間違いではありません。

「彼は」[kareɰa]と「枯れ葉」[kareha]は、発音が異なります。
3は間違いではありません。

「十の」と「塔の」は、どちらも[toːno]と発音します。
4は間違いではありません。

問3 漢字 平仮名 片仮名 ローマ字

その答えになる理由

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

万葉仮名を草書体などにくずして書いた字体に由来するのは、片仮名ではなく平仮名です。
片仮名は、万葉仮名の一部を省略して書いた字体に由来しています。
1は間違いです。

ローマ字のヘボン式表記法では、「し」[shi]のように1文字に対して音素3といった場合もあります。
2は間違いです。

「表音文字」であるアルファベットと「表語文字」である漢字を比べると、明らかに漢字の方が数が多いですね。
3は間違いです。

機能語とは、助詞や接続詞のように文法的な役割を果たす言葉のことです。
基本的には平仮名で表記されるので、4が正解です。

問4 政府や中央省庁により公式に示されている目安や方針

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

出典元はこちら
「むかう」は「向かう」とされているので、1が間違いです。

出典元はこちら
平仮名では、母音を重ねて長音を表すことができます。
2は間違いではありません。

出典元はこちら P102
「他」の読みは「タ」のみだったのが、「ほか」が追加されています。
3は間違いではありません。

出典元はこちら
「鼻血」のように、連濁によって生じた場合は「ぢ」を用いるとされています。
4は間違いではありません。

問5 意味が類推できない語

その答えになる理由

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

1 consensus (意見などの)一致
2 flash 閃光
3 viking 海賊
4 allergy アレルギー

3のみ、選択肢では「食べ放題」の意味で使われています。
これが正解です。

次の問題はこちら

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

タイトルとURLをコピーしました