【平成30年度 日本語教育能力検定試験 過去問】試験Ⅲ 問題4の解説!

日本語教育能力検定試験

平成30年度 日本語教育能力検定試験の試験問題における

 試験Ⅲ 問4

の解説をしていきます。

お手元に、以下をご用意の上で読んでいただければ幸いです。

※ 過去問は大きな書店でも置いていないことがあるので、ネットでの購入をおススメします!

平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験問題
日本語教師としての能力を測る試験「日本語教育能力検定試験」。 「平成30年度 日本語教育能力検定試験」の問題と解答を一挙掲載! 巻末には試験の実施状況や平均点などをまとめたデータが収録されています。

前の問題はこちら

問1 「に」の用法

その答えになる理由

これは楽勝ですね。

「庭に…」の場合は、別の場所から「庭」に荷物を移動させているので「着点」の用法です。
また、「庭で…」の場合は、「庭」の中で運ぶ動作をする「場所」の用法です。

「ニ格」には、様々な用法があります。
ぜひ、以下の問題にもチャレンジしてみてください。

問2 主語

その答えになる理由

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

「象は鼻が長い」の述語は「長い」、主語は「鼻が」です。
「象は」は主題とされることが多いのですが、どう捉えるかは様々な論説があります。
また、「春だなあ」は「(季節が)春だなあ」であったり、「(気温が)春だなあ」であったりと主語を特定することができません。
1が正解です。

「彼は」の「は」は主題、「彼が」であれば「が」は主格とされることが多いかと思います。
「彼は悲しい」と言いにくいのは、「彼は悲しいようだ」「彼は悲しいらしい」のようにしないと不自然だからです。
2は間違いです。

「鉛筆が居る」が不自然なのは、「鉛筆」が無生物だからです。
日本語の存在動詞では、
 私には姉がいる
 あそこに犬がいる
 ここに彼の鉛筆がある
のように、有生性の高いもの(有生物)には「いる」有生性の低いもの(無生物)には「ある」を用います。
3は間違いです。

「私は」の「私」を主題、「私は」の「私」を主格と分類することはありますが、どちらも主語であることに違いはありません
4は間違いです。

問3 意味的な役割と文法的な関係

その答えになる理由

本文の内容から、
 意味的な役割…今回の選択肢であれば「ヲ格」の意味
 文法的な関係…主語・述語など
です。

「部屋を出た」「岸を離れた」の「ヲ格」は、どちらも「起点」を表しているため、意味的な役割は同じです。
また、どちらも「起点を~した」の構造になっているため、文法的な関係も共通しています。
そのため、1・2は間違いです。

「ラジオを壊した」「木を切った」の「ヲ格」は、どちらも動作の「対象」を表しているため、意味的な役割は同じです。
また、どちらも「対象を~した」の構造になっているため、文法的な関係も共通しています。
3は間違いで、4が正解です。

問4 ガ格

その答えになる理由

「太郎が走る」のガ格は「動作主」、「窓が開く」のガ格は「動作の対象」を表しています。
選択肢におけるガ格が
 1つ目…動作主
 2つ目…動作の対象
になっているものが正解です。

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

1 1つ目…動作主 2つ目…動作主
「太郎が跳ぶ」
「太郎が歩く」

2 1つ目…動作の対象 2つ目…動作主
「砂糖が水に溶ける」
「太郎が騒ぐ」

3 1つ目…動作主 2つ目…動作の対象
「太郎が泳ぐ」
「窓が割れる」

4 1つ目…動作の対象 2つ目…動作の対象
「肉が焼ける」
「日が暮れる」

3が正解です。

問5

その答えになる理由

例文を作って考えてみましょう。

「太郎が走っている」「窓が開いている」
どちらもテイル形は作りにくくありません。
1は間違いです。

「太郎に走ってもらう」「窓に開いてもらう」
「走る」タイプはテモラウ形を作りやすいですが、「開く」タイプは作りにくいです。
2が正解です。

「走れ」「開け」
「走る」タイプは命令形を作りやすいですが、「開く」タイプは作りにくいです。
3は間違いです。

「太郎に走らせられる」「窓を開がせられる」
「走る」タイプは使役受身文を作りやすいですが、「開く」タイプは作りにくいです。
4は間違いです。

次の問題はこちら

タイトルとURLをコピーしました