【令和元年度 日本語教育能力検定試験 過去問】試験Ⅰ 問題11の解説!

令和元年度_試験Ⅰ

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

前の問題はこちら

問1 集団語

解説 集団語

「集団語」とは、ある特定の集団の中で用いられる言葉のことです。

その答えになる理由

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

1 「チャレンジする」は、「挑む」を外来語に言い換えた語です。
2 「噛む」は、アナウンサーや芸人などの言葉を職業にする人たちがよく使う集団語です。
3 「衣紋掛け」は、「ハンガー」を和語に言い換えた語です。
4 「ご不浄」は、「便所」の婉曲表現です。

2が正解です。

問2 若者言葉

その答えになる理由

サービス問題ですね。
「T」を「テー」と読むのは、若者よりも年配の方に多い表現です。
4が正解です。

問3 ネオ方言

解説 ネオ方言

「ネオ方言」とは、標準語と方言の混交形式として生まれた中間的な方言のことです
例として挙がることが多いのは、方言の「ケーヘン」と共通語の「コナイ」が混交した「ケーヘン」です。

その答えになる理由

「二つの形式が混ざり合って生まれた」が「ネオ表現」の説明に当たります。
3が正解です。

問4 言葉の男女差

その答えになる理由

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

1 「降るわよ」のような言い方は、50代女性の方が20代女性よりも使用します。
2 「降るわよ」のような言い方は、女性の方が男性よりも使用します。
3 「雨だぜ」のような言い方は、男性の方が女性よりも使用します。
4 「雨だぜ」のような言い方は、20代男性の方が50代男性よりも使用します。

1が正解です。

問5 役割語

解説 役割語

「役割語」とは、特定の人物を思い起こさせるような表現のことです。
「わし」「~じゃ」であれば老人を想起する…などが例として挙げられます。

その答えになる理由

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

「役割語」は、主人公に限らず、どの登場人物登場人物にも用いられます。
1は間違いです。

「役割語」が行き過ぎると、人々が描く文化的ステレオタイプを強めることになります。
2は間違いです。

「役割語」はあくまで「特定の人物を想起させる表現」であって、必ずしも現実の位相を表しているわけではありません。
3が正解です。

「役割語」は物語等で、現実に存在しない架空の人物のせりふにも用いられます。
4は間違いです。

次の問題はこちら

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

タイトルとURLをコピーしました