【令和3年度 日本語教育能力検定試験 過去問】試験Ⅲ 問題1の解説!

令和3年度 過去問解説
編集長
編集長

令和3年度 日本語教育能力検定試験の試験問題における

 試験Ⅲ 問題1

の解説をしていきます。

執筆段階では、公式の解答は発表されていません。

あくまで私個人の解答・解説のため、参考程度でご確認ください。

問1 アメリカ構造主義言語学

解説 アメリカ構造主義言語学

「アメリカ構造主義言語学」とは、1920年代後半ごろのアメリカで発展した言語学のことです。
ブルームフィールドを祖とし、言語の実態を客観的に記述することを目的にしています。

文字を持たないアメリカ原住民が話すのを聞き取り、それを音声文字に書き表して分析をしたのが始まりのため、言語は音声が基本であるという考え方がベースです。

代表的な教授法は「オーディオリンガル・メソッド」などがあります。

その答えになる理由

「アメリカ構造主義言語学」の成り立ちを知っていれば、簡単です。
3が正解です。

問2 ミニマルペア

解説 ミニマルペア

「ミニマルペア」とは、形は似ているが意味の異なる構造を比較するために、1か所だけ異なるようにした一対の語や文のことです。

その答えになる理由

「知らない」 /siranai/
「死なない」 /sinanai/
音素が対立しています。
4が正解です。

問3 VT法(ベルボ・トナル法)

解説 VT法(ベルボ・トナル法)

「VT法(ベルボ・トナル法)」とは、「言語をどのように聞き取って再生するか」という人間の聴覚の機能についての理論に基づく教授法のことです。

リズムやイントネーションを重視し、身体リズム活動を用いて正しい発音に導きます。

その答えになる理由

「VT法」は、「身体リズム活動」がキーワードです。
1の内容が該当します。
これが正解です。

問4 日本語の音韻の特徴

その答えになる理由

これは解説不要ですね。
1が正解です。

問5 「自己モニター」を利用した音声教育

その答えになる理由

これも解説不要ですね。
2が正解です。

次の問題はこちら

タイトルとURLをコピーしました