【令和3年度 日本語教育能力検定試験 過去問】試験Ⅲ 問題14の解説!

令和3年度 過去問解説

編集長
編集長

令和3年度 日本語教育能力検定試験の試験問題における

 試験Ⅲ 問題14

の解説をしていきます。

前の問題はこちら

問1 フェイス

解説 ポライトネス理論

「ポライトネス理論」とは、ブラウン&レビンソンが提唱した「ポライトネス」と「フェイス」を鍵概念として、コミュニケーションにおいて人間関係を円滑にするための言語的な工夫・方法を考察する理論のことです。

【令和2年度試験 試験Ⅲ 問題14 問2】
【令和元年度試験 試験Ⅲ 問題12 問3】
でも出題されています。

解説 ポライトネス

「ポライトネス」とは、会話の参加者が心地よくなるようにするなど、人間関係を円滑にするための言語活動のことです。

解説 フェイス

「フェイス」とは、人と人との関わり合いに関する基本的な欲求を指します。
他者に近づきたい・好かれたいという「ポジティブ・フェイス」と、他者と離れていたい・立ち入られたくないという「ネガティブ・フェイス」に分類されます。

その答えになる理由

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

「ポジティブ・フェイス」は、立場をわきまえて行動したいという欲求ではなく、他者に近づきたい・好かれたいという欲求のことです。
1は間違いです。

行為回避を行うのは、相手のフェイスを侵害するリスクが高い場合です。
2は間違いです。

フェイスへの配慮が必要かどうかは、文化によってではなく、相対する人によって決まります。
3は間違いです。

4は何も問題ありません。
これが正解です。

問2 FTA  face-threatening act

解説 FTA face-threatening act

「FTA」とは、人間の基本的欲求であるフェイス(ポジティブ・フェイス / ネガティブ・フェイス)を他者が脅かすような言語的な行動のことです。
(ファイスを脅かさないようにすることが「ポライトネス」であると言えます。)

FTAの度合いは
●特定の行為の負荷の度合い(Rank)
●相手との社会的距離(Distance)
●相手との相対的権力(Power)

の3つの総和によって決まるとされています。

数式自体が出ることは考えにくいので、「FTAの度合いは、上記の3つの総和で決まる」レベルまで覚えておけば良いと思います。

FTA度合いの見積もり公式:Wx=D(S,H1)+P(H,S)+Rx

Wx:ある行為xが相手のフェイスを脅かす度合い(Weight)
D(S,H):話し手と聞き手の社会的距離(Distance)
P(S,H):話し手と聞き手の相対的権力(Power)
Rx:ある行為xの、ある文化における押しつけがましさの程度の絶対的な順位付け(Rank)

大塚 生子 「ポライトネス理論におけるフェイスに関する一考察」
その答えになる理由

2 特定の行為の負荷の度合い(Rank)
3 相手との相対的権力(Power)
4 相手との社会的距離(Distance)

1が正解です。

問3 謙譲語Ⅰ

解説 尊敬語

「尊敬語」とは、相手側または第三者の行為・ものごと・情態などについて、その人物を立てて述べるもののことです。

解説 謙譲語Ⅰ

「謙譲語Ⅰ」とは、自分側から相手側または第三者に向かう行為・ものごとについて、その向かう先の人物を立てて述べるもののことです。

解説 謙譲語Ⅱ(丁重語)

「謙譲語Ⅱ(丁重語)」とは、自分側の行為・ものごとなどを、聞き手・読み手に対して丁重に述べるもののことです。

解説 丁寧語

「丁寧語」とは、聞き手・読み手に対して丁寧に述べるものです。

解説 美化語

「美化語」とは、ものごとを美化して述べるものです。

その答えになる理由

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

「伺う」は謙譲語Ⅰです。
1が正解です。

「参る」は謙譲語Ⅱ(丁重語)です。
2は間違いです。

「いたす」は謙譲語Ⅱ(丁重語)です。
3は間違いです。

「申す」は謙譲語Ⅱ(丁重語)です。
4は間違いです。

問4 二重敬語

解説 二重敬語

「二重敬語」とは、1つの語に対して同じ種類の敬語を二重に使うことです。

その答えになる理由

選択肢を1つずつ見ていきましょう。

「案内」→「ご案内」
「する」→「申し上げる」
それぞれの語を敬語にしているだけなので、1は二重敬語ではありません。

「聞く」→「伺う」
「くれる」→「くださる」
それぞれの語を敬語にしているだけなので、2は二重敬語ではありません。
「伺う」も不自然なので、「お聞きくださいますか」などの方が適切ですね。

「言う」→「おっしゃる」
とすべきところへ、尊敬表現の「~られる」をつけてしまっています。
これが二重敬語の例なので、3が正解です。

「話す」→「お話しになる」
「いる」→「いらっしゃる」
それぞれの語を敬語にしているだけなので、4は二重敬語ではありません。

問5 語用論的指導

その答えになる理由

これは解説不要ですね。
2が正解です。

次の問題はこちら

タイトルとURLをコピーしました