【令和2年度 日本語教育能力検定試験 過去問】試験Ⅱ 問題2の解説!

日本語教育能力検定試験

選択肢の内容

拍の長さ

日本語では、拗音を除き、かな1文字で1拍です。
拍が抜け落ちていないか
不要な拍の追加が混ざっていない
に注意が必要です。

プロミネンス

「プロミネンス」とは、伝達の意図で、文中の特定の部分を他よりも際立たせて発音することです。
●特定の部分を「強く」読む
●特定の部分を「ゆっくり」読む
●特定の部分の前に「ポーズ」を置く
に注意が必要です。

アクセントの下がり目

日本語の「アクセント」には、2つの特徴があります。
① 1拍目と2拍目の高さが異なる。
② 1つの語の中で”山”が2つでき、間に”谷”ができることはない。

句末・文末イントネーション

「イントネーション」とは、文の抑揚のことです。
●「そうですか⤴」のような上昇調になっていないか
●「そうですか⤵」のような下降調になっていないか
に注意が必要です。

1番

「みたことが」が「高低高低低」のアクセントで発音されています。


「② 1つの語の中で”山”が2つでき、間に”谷”ができることはない。」 のルールに反しているので、アクセントの下がり目に問題があります。

bが正解です。

2番

「いきます⤴」と上昇調のイントネーションになっています。

疑問文に聞こえてしまうので、句末・文末イントネーションに問題があります。

dが正解です。

3番

「こきょう」が「こっきょう」になっています。

不要な促音が含まれており、拍の長さに問題があります。

aが正解です。

4番

「どこで」と聞かれているので「ネットで」を強調すべきところを「先月」を強調しています。

強調すべきところが間違っており、プロミネンスに問題があります。

bが正解です。

5番

①「としょかんに」を「とーしょーかんに」と不要な長音を入れて発音しています。
②「としょかんに」が「低高低低低」とすべきところを「高高高高高高低」のアクセントで発音されています。

①拍の長さ
②アクセントの下がり目

に問題があるので、cが正解です。

6番

「しょうきゅう」が「しょっきゅう」になっています。

長音が促音に置き換わっているので、特殊拍の種類に問題があります。

dが正解です。

タイトルとURLをコピーしました