【言語学】言語音のつくり方_調音法【日本語を基礎から、もう1度】

「日本語」を基礎から、もう1度

日本語を基礎から学ぶ方・学び直す方向けの講座です。

「こう教えてもらっていればわかったのに…」
を実現してくことを目的としています。

本講座では、主に

言語学全般

日本語文法

について取り扱っていきます。

日本語教育能力検定試験の学習のため

以外にも、

日本語教師としてレベルアップしていきたい

現場知識だけでなく、きちんと土台も固めておきたい

という方は、ぜひご一読ください。

今回は、調音法について1つずつ確認していきましょう。

前の記事はこちら

調音法

音声は、声帯振動の有無や調音点のほかに、「調音法」によっても分類されます。

「調音法」とは、呼気の流れの性質をどう変えるかの方法のことです。
ざっくりと分類すると、
 1)閉鎖(いったん呼気をせき止める)
 2)強い狭め(小さな隙間をつくって呼気を通す)
 3)弱い狭め(広めの隙間をつくって呼気を通す)
 4)呼気の阻害なし
の4種類です。

呼気の妨げがない場合は「母音」になり、呼気がどこかで妨げられる場合は「子音」になります。
「じゃあ、↑の1~3が子音で4が母音だ!」となってくれれば簡単なのですが、中間的なヤツらが存在します。

そう、「半母音」です。
日本語の子音んではワ行・ヤ行が該当します。

調音点と同じように、国際音声記号(IPA)でも確認しておきましょう。
国際音声記号(IPA)では、次の8つの調音法が認められています。

破裂音
・調音点で呼気が完全に閉鎖され、
 かつ軟口蓋(口蓋帆)が挙上することで
 鼻腔への通路も遮断される調音
・呼気は開放されることもあれば、開放されずにそのままのこともある
・閉鎖の開放が必須ではないことから「閉鎖音」とも呼ばれる

鼻音
・口腔内の調音点が完全に閉鎖されるのと同時に
 軟口蓋(口蓋帆)が下がり、呼気が鼻音を通過する調音

③ ふるえ音
・調音点で呼気が完全に閉鎖されるが
 閉鎖は瞬間的 かつ それが2回以上繰り返される調音

はじき音(弾き音)
・ふるえ音の閉鎖が1回バージョン

摩擦音
・調音器官が別の調音器官に近づくことで、その間に狭い気流の
 通路が形成され、そこを通る呼気に持続的な乱流が生じる調音

⑥ 側面摩擦音
・摩擦音の「呼気の流れが脇に確保されて中央には閉鎖が形成
 される」バージョン

⑦ 接近音
・調音器官が別の調音器官に近づくが、乱流が生じるほどには
 狭められていない調音

⑧ 側接近音
・接近音の「呼気の通路が脇に確保されて中央には閉鎖が形成
 される」バージョン

前回と同じく、通常の日本語の子音に現れる調音法にだけ赤線を引きました。
最低限、この調音法だけは覚えておきましょう。

「あれ…?破擦音がない…」となった方は、さすがです。
実は調音点のときの「歯茎硬口蓋」と同じように、「破擦音」も国際音声記号(IPA)では基本的な調音法としての地位を与えられていないんです。

日本語の子音を記述する上では超重要なので、上記と同じように記載しておきます。

破擦音
・破裂音の状態+同じ調音位置の摩擦音

前々回の「声帯振動の有無」

前回の「調音点」

今回の「調音法」まで整理できれば、具体的に子音の内容に入ることができます。
「まだ、自信がないかも…」という方は、ぜひ読み返してみてください。

今回はここまでにしましょう。
次回は、国際音声記号(IPA)についてご案内します。

参考書籍

今回は、以下を参考にしています。

基礎日本語学
日本語学の諸分野を包括的にカバーする入門書。教科書としてはもちろん、日本語学の基礎知識を確認する独習にも。音韻、文法、語彙、表記、文体の共時的・通時的記述とともに、方言やコーパス、日本語学史、理論的研究についても解説。簡潔ながらも要点を押さえた記述で諸分野の導入を図るとともに、読書案内も付し、ますます日本語学が学びたく...
言語学入門―これから始める人のための入門書
■今から言語学を始める人のための入門書 これから言語学を始める人のための、言語学全般を網羅したわかりやすい入門書です。各章に問題をつけ、巻末に解答をつけた実践的な内容です。言語学を勉強しようという大学生や、言語学の基礎的な知識を身につけておきたい一般の方のほか、大学テキスト、日本語教師を目指す人の資格試験「日本語教育能...

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

タイトルとURLをコピーしました