【令和元年度 日本語教育能力検定試験 過去問】試験Ⅱ 問題1の解説!

日本語教育能力検定試験

令和元年度 日本語教育能力検定試験の試験問題における

 試験Ⅱ 問1

の解説をしていきます。

お手元に、以下をご用意の上で読んでいただければ幸いです。

※ 過去問は大きな書店でも置いていないことがあるので、ネットでの購入をおススメします!

令和元年度 日本語教育能力検定試験 試験問題
日本語教師としての能力を測る試験「日本語教育能力検定試験」。 「令和元年(2019年)度 日本語教育能力検定試験」の問題と解答を一挙掲載! 巻末には試験の実施状況や平均点などをまとめたデータが収録されています。

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

前の問題はこちら

1番

「もりのなか」

学習者は「高低低低高低」のアクセントで話しています。
aが正解です。

2番

「こどもべや」

学習者は「低高高高低低」のアクセントで話しています。
dが正解です。

3番

「えがおでいれば」

学習者は「高高低低高高低」のアクセントで話しています。
cが正解です。

4番

「まめのにもの」

学習者は「高低低低高低低」のアクセントで話しています。
dが正解です。

5番

「だいじなものでは」

学習者は「高低低低高低高低」のアクセントで話しています。
bが正解です。

6番

「まにあわないかも」

学習者は「高低低低高低低低」のアクセントで話しています。
aが正解です。

次の問題はこちら

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

タイトルとURLをコピーしました