【令和2年度 日本語教育能力検定試験 過去問】試験Ⅰ 問題15の解説!

令和2年度_試験Ⅰ

令和2年度 日本語教育能力検定試験の試験問題における

 試験Ⅰ 問題15

の解説をしていきます。

お手元に、以下をご用意の上で読んでいただければ幸いです。

※ 過去問は、大きな書店でも置いていないことがあるので、ネットでの購入をおススメします!

令和2年度 日本語教育能力検定試験 試験問題
日本語教師としての知識を測る試験「日本語教育能力検定試験」。 「令和2年(2020年)度 日本語教育能力検定試験」の問題と解答を一挙掲載! 巻末には試験の実施状況や平均点などをまとめたデータが収録されています。

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

前の問題はこちら

問1 訪日外客数

その答えになる理由

訪日外客数は、日本政府観光局(JINTO)のHPで確認できます。
「日本語を学ぶ人が増えるニュース」は、試験問題として取り扱われやすい傾向にありますね。

2018年の訪日外客数は3,191,856人で約30,000万人なので、1が正解です。

問2 東アジアからの訪日外客数

その答えになる理由

国別の訪日外客数も、日本政府観光局(JINTO)のHPで確認できます。
基本的に試験で4位以下の状況を聞かれることはないため、上位の傾向だけ掴んでおきましょう。

問3 受け入れ環境の整備および向上のための支援

その答えになる理由

日本政府が提示している「受け入れ環境の整備および向上のための支援」は、観光庁のHPで確認できます。

試験勉強で、ここまで網羅できる人はほぼいないと思います。
問1・問2のレベルまでは押さえておいた方が良いですが、問3については「選択肢から読み解けなければ、勘で解く」で問題ありません。

今回は、4が明らかに違いますね。
「住宅を宿泊施設として提供」は「民泊」のことですが、細かい法律を知らなくても「自由に提供できない」ことはニュース等で耳にしているはずです。

問4 多言語対応の改善・強化のためのガイドライン

その答えになる理由

本文中に記載のある国土交通省「多言語対応の改善・強化のためのガイドライン」のP8が該当します。

1 「禁止・注意を促す情報」「日本語」「英語」の2言語併記が基本ルールのため、正解です。

2 「案内・誘導を示す表示」「日本語」「英語」の2言語併記が基本ルールのため、間違いです。

3 「専ら地域住民が使用する施設」「日本語」のみでOKのため、間違いです。

4 「展示会の解説」→視認性や美観に問題がない限り、「日本語」「英語」の併記を行うことが望ましいとされていますが、フォントについては記載がありません。

問5 国際規格 国内規格

その答えになる理由

これは、知っているか知らないかですね。
2が正解です。

次の問題はこちら

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

タイトルとURLをコピーしました