【令和2年度 日本語教育能力検定試験 過去問】試験Ⅱ 問題6の解説!

日本語教育能力検定試験

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

前の問題はこちら

1番

「やけど」が「やどけ」になっています。
音位転換が起きているので、bが正解です。

解説 音位転換

「音位転換」とは、語を構成する音素や音節の位置が入れ替わる現象のことです。

「あらたし」→「あたらし」などが、例として挙げられます。

解説 転音

「転音」とは、2語を組み合わせて1語を作るときに、音が変わる現象のことです。

「あめ(雨)」+「かさ(傘)」→「あがさ」などが、例として挙げられます。

解説 連濁

「連濁」とは、2語を組み合わせて1語を作るときに、あとに来る語の初めの清音が濁音に変わる現象のことです。

「ときき」「みかづき」「いけな」などが、例として挙げられます。

解説 連声れんじょう

「連声」とは、2つの漢字からなる語の1番目の字が子音で終わり、かつ2番目の字がア・ヤ・ワ行であるときに、それがタ・ナ・マ行に変化する現象のことです。

「反(はん)」+「応(う)」→「反応(はんう)」
「輪(りん)」+「廻()」→「輪廻(りん)」

2番

「許してもらえなかったんです」とすべきところが「許してもらわなかったんです」となっています。
可能形を使えていないので、cが正解です。

3番

「行ったら」とすべきところが「行く」になっています。
条件表現の「たら」「と」を混同しているので、cが正解です。

4番

「食べよう」とすべきところが「食べろう」になっています。
意向形を使えていないので、aが正解です。

5番

「子どもたち」とすべきところが「子どもたち」になっています。
助詞が間違っているので、dが正解です。

6番

「ほとんど」とすべきところが「たいてい」になっています。
副詞が間違っているので、bが正解です。

7番

「買うことができます」とすべきところが「買うができます」となっています。
形式名詞の使い方が間違っているので、dが正解です。

8番

「判断しかねます」とすべきところが「判断しかねません」となっています。
否定と肯定を混同しているので、aが正解です。

次の問題はこちら

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

タイトルとURLをコピーしました