【令和2年度 日本語教育能力検定試験 過去問】試験Ⅲ 問題1の解説!

日本語教育能力検定試験

令和2年度 日本語教育能力検定試験の試験問題における

 試験Ⅲ 問題1

の解説をしていきます。

お手元に、以下をご用意の上で読んでいただければ幸いです。

※ 過去問は大きな書店でも置いていないことがあるので、ネットでの購入をおススメします!

令和2年度 日本語教育能力検定試験 試験問題
日本語教師としての知識を測る試験「日本語教育能力検定試験」。 「令和2年(2020年)度 日本語教育能力検定試験」の問題と解答を一挙掲載! 巻末には試験の実施状況や平均点などをまとめたデータが収録されています。

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

前の問題はこちら

解説 テンス

「テンス」とは、事柄の時間的位置を示す文法カテゴリーのことです。
「時制」とも言います。

日本語では、「ル形」「タ形」によって示されます。

ル形 (文末で使われる述語のうちタ形以外のもの)
基準時と同時か、基準時よりもに起きることを表しています。
  例)起きる 楽しい 遊びます

タ形
基準時よりに起きたことを表しています。
  例)起きた 楽しかった 遊びました

解説 アスペクト

「アスペクト」とは、動きの段階を表す形式の総称のことです。
  ~はじめる (開始)
  ~ている  (進行)
  ~おわる  (終了)
  ~ところだ (直前)
  ~てある  (結果)
などがあります。

問1 金田一春彦の動詞分類

解説 金田一春彦の動詞分類

国語学者の金田一春彦は、日本語の動詞をアスペクトの観点から4種に分類しています。

①状態動詞
「~ている」をつけなくても状態を表す動詞
●「いる」「ある」「動詞の可能形」など

②継続動詞(動作動詞)
「~ている」とともに動きが進行中であることを表す動詞
●「話す」「走る」など

③瞬間動詞(変化動詞)
「~ている」とともに動きの結果を表す動詞
●「消える」「死ぬ」など

④第4種の動詞
必ず「~ている」とともに状態を表す動詞
●「そびえる」「きわだつ」など

その答えになる理由

動詞の種類を見ていきましょう。

1 いる → 状態動詞
2 泳げる → 状態動詞(動詞の可能形)
3 さびる → 瞬間動詞(変化動詞)
4 電話する → 動作動詞

となり、4が正解です。

問2 タ形

解説 タ形

「タ形」は、大きく分けると「過去」「完了」の2つの意味があります。
動的述語(継続動詞など)の場合は「過去」「完了」のいずれか、静的述語(状態動詞・形容詞・形容動詞など)の場合は「過去」を表します。

動的述語の「過去」「完了」の区別は、「もう~しましたか」「まだ~していません」の応答に置き換えられれば「完了」、置き換えられなければ「過去」です。

その答えになる理由

1 イ形容詞「面白い」のタ形 → 過去
2 状態(可能)動詞「会える」のタ形 → 過去
3 継続動詞「読む」のタ形 かつ 「もう~しましたか」「まだ~していません」に置き換えられる → 完了
4 状態動詞「ある」のタ形 → 過去

となるため、3が正解です。

問3 過去・完了以外の「タ」【難しめ】

その答えになる理由

「ムードの『タ』」という言葉に惑わされてはいけません。
ポイントは、傍線部の前の「通常の過去・完了の用法とは異なる」の部分です。

1 「買えた」
実際には買えていないので、過去・完了の用法ではありません。
「タ形」には「反事実」を表す用法があります。
今回の例文のように、「タ形」を使うことで「実際には起こらなかったこと」を表しています。

2 「可愛かった」
子どもの頃は「可愛かった」ので、「過去」の用法となり、これが正解です。

3 「あった」
「タ形」には「発見」を表す用法があります。
今回の例文のように、発話時と発話時以前の出来事を結びつける働きがあります。

4 「会議だった」
「タ形」には「再認識」を表す用法があります。
今回の例文のように、「タ形」を使うことで「その物事を認識するのは初めてではない」ということを表しています。

問4 相対テンス

解説 相対テンス

「相対テンス」とは、時間の流れのなかで、基準時が主節時となるものを言います。
  例)両親が来るので、部屋を片付けた。
の場合、従属節の「来る」は相対テンスであり、「部屋を片付ける」という主節時の後に起こるので「ル形」となります。

解説 絶対テンス

関連する用語も、あわせて整理してしまいましょう。
「絶対テンス」とは、時間の流れのなかで、基準時が発話時となるものを言います。
  例)両親が来るので、部屋を片付けた。
の場合、主節の「片付けた」は絶対テンスであり、発話時よりも過去であることを表すために「タ形」となります。

その答えになる理由

日本語では、主節のテンスは発話時を基準にして決められ従属節のテンスは主節時を基準にして決められます
前者が「絶対テンス」、後者が「相対テンス」です。

今回の例文の出来事を時系列に並べると、
  ① 発話時
  ② パーティーに来る
  ③ 写真を送る
となります。

1 「パーティーに来た」という出来事を、発話時よりも未来に起こることとして表しているので、正しいです。

2 「(昨日の)パーティーに来た」であれば、発話時よりも過去に起こったこととして表せるので、間違いです。

3 上記時系列より、「写真を送る」は「パーティーに来た」よりも未来の出来事にになるため、間違いです。

4 上記時系列より、「写真を送る」は最後の出来事のため、間違いです。
(選択肢2のように②→①→③の順になることはあります。)

問5 テンス・アスペクト

その答えになる理由

1のように、目的を持ってある動作を完了したことを表すのであれば、他動詞の「破りました」の方が適切です。

「破れていました」であれば破れた瞬間を目にしていなくても使えますが、「破れました」は直接目にしていないと使えません。
2が正解です。

3のように、出来事に対する話し手の残念な気持ちを表すのであれば、「破れてしまいました」の方が適切です。

「破れる」は瞬間動詞(変化動詞)のため、一回的な出来事を示します。
4は内容自体が間違いです。

次の問題はこちら

公式LINE

毎日お友だちの方限定の情報を配信しています。

Twitter

各種更新情報&お役立ち情報の拡散をしています。

YouTube

口腔断面図等の各種練習問題を配信しています。

タイトルとURLをコピーしました